アイフォンのケースの費用はどれくらいが相場か

アイフォンケースは様々な種類や形のものが発売されていてどれくらいのものを選び、どのくらいの金額のものを買えばちょうど良いかなど分からないことが多いです。費用的にはバラツキがありますが、質や安全面にさほど気にしない方は安くて500円から1000円で、家電量販店などセールで安くなっているものを選びます。一般的には1500円から2000円程度でハードモノやシリコンを購入する方が圧倒的に多くみられます。またハードケースのように画面がおもむろに見えてしまうのを嫌う方には手帳型ケースを購入します。手帳型のものはその名の通り手帳のように持ち運びでき、外出時に周りから画面が見えないように工夫された仕様です。また、ICカードや小銭などいれられる便利な機能もついている優れものです。

手帳型アイフォンカバーの種類について

手帳型カバーはオシャレなデザインも多い事から女性から圧倒的な人気を集めています。しかし、オシャレなデザインの分ハードカバーやシリコンのモノより値段がはるかに高いです。一般的な手帳型カバーの値段は、3000円から4000円程度が相場です。またブランドのデザインが施されているもので5000円ほどが相場です。手帳型のモノを購入する際には、家電量販店よりもインターネットで下調べをして大体の値段を調べる事が大切です。そして元値が安すぎる場合には注意が必要です。なぜならカバーの質が想像した以上に薄かったり、カバーを止めるマグネットが弱くて閉まらないというリスクもあるからです。そのため安いだけで選ぶのではなく、ある程度有名なメーカーから選ぶのもいいカバーを選ぶ上で大切です。

一般的に選ばれるハードカバーとシリコンカバー

手帳型カバーとは真逆にハードカバーとシリコンカバーは、手帳型とは違い手軽に購入できるものが多いです。基本的に相場が1500円から2000円までで、多くのデザインから選ぶことが可能な値段です。キャラクターのカバーなどが相場くらいの金額なので学生さんからの人気は根強いです。またこのくらいの金額で購入を検討する方が多いのは、保護フィルムも同時に購入する方がいるからです。ハードカバーやシリコンカバーは、落下した際に背面は守れますが画面自体は守りようがないので多くの人は少し高めの厚みのある衝撃に強い耐性フィルムを購入しています。そうする事で、手帳型と同じように画面が守れます。そういった面ではカバー費用を少しでも抑えてフィルムに相場以上の費用をかけている人が多いです。